S A I K O   彩考〜  様々な物事を再考し、彩考できればなと。
ブログパーツUL5

<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>


2011.08.26 Friday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2011.04.07 Thursday  h a r u k a 2 0 1 1


ようやく春香を見つけたので、今年は映像で捕まえておいた。



これを見つけると、僕は小学校4年の

転校後の初登校の”瞬間”を思い出す。



Untitled from tacumi on Vimeo.



「行ってきます」と、思いっきり飛び出したのを思い出す。


「行ってきます」を大きく言うと、


そこから始まる”何か”にはずみをつけてくれる。



もうあれから17年たったんだなあ。




2010.10.09 Saturday  tokyo hyper factory

2010/10/23  sat  17:00〜07:00 開催

トーキョー・ハイパー・ファクトリー
 

天才ピアニスト渡邊琢磨と、元ボアダムス&元ウリチパン群のドラマー千住宗臣とのユニット、Combo piano
ヴェネチアビエンナーレやラフォーレCMにも招待/起用され、メディアアートシーンからライブハウス
に至るまで人気爆発中のドラびでおなど、ジャンルを問わないハイパーなアーティスト達の
表現が朽ちた工場をファンタジックに彩ります。


沢山アーティストが出ますが、個人的に抜粋して紹介します。

■会場となる倉庫


■飯田将茂  映像作家
CGやデジタルアート界で様々な受賞歴あり。
デジタルのようでありつつも水墨画の様な映像作品に刺激を受ける。


















■COMBOPIANO-1 with special guest 須藤俊明(元melt banana

渡邊琢磨による可変的ユニットとして始動したCOMBOPIANONYに渡り、アストル・ピアソラなどのプロデューサーとして知られるキップ・ハンラハンとのコラボレーションによるアルバム(『Another Rumor』等)を次々とリリースし、注目を集める。一連の活動は海外のアーティストからも高く評価され、協同プロジェクト多数(ジョナス・メカス、ジョン・マッケンタイア、ブランドン・ロス、デイヴィッド・シルヴィアン)。渡邊個人としては07年、デイヴィッド・シルヴィアンのワールド・ツアーにピアニストとして参加し、翌08年、初の自身名義のアルバム『冷たい夢、明るい休息』をリリース。その後、アルタードステイツ、UA等で活躍する鬼才ギタリスト・内橋和久と、PARA、ウリチパン郡の俊英ドラマー・千住宗臣とによる編成でCOMBOPIANOをバンドとしてスタートさせ、以降、今日にいたるまでその音楽性を先鋭化させている。

映像 リンク


■ドラびでお

ドラムによるコンピューターコントロールシステム「ドラびでお」は、ドラマー 一楽儀光によるソロ・ユニットで、ドラムセットを巨大なビデオデッキとして使用し映像をコントロールしている。この「ドラびでお」は世界中のロックフェス、ジャズフェス、メディアアートフェス、映画祭、芸術祭でも好評を博し2010年にはヨーロッパ、イギリス、アメリカ、韓国他でのワールドツアーが決定している。知的でストイックな作品が主流のメディアアートシーンの中、彼の作品は粗野で下品そしてくどいぐらいのエンターテイメントである。2005年にはARS Electronica(オーストリア)にてその年最も優れたDigital Musicsに贈られるHonorary Mention賞を受賞。2007年6月世界芸術界の最高峰ベネチアビエンナーレに招待され20088月にはスペイン「サラゴサ万国博覧会」に日本代表として招待され2009年には人気テレビ番組「SMAP×SMAP」にも出演している。

映像 リンク


■Shleeps(from bonobos)

人力でTripHop Jungle HipHop Electronicaをぐちゃっと混ぜて、ゲストVoを招いてライブを実施。2010年8月25日に1stアルバム「mimesis」リリース


杉本圭助
ペインティング、ドローイング、音楽、人間を用いた空間創世を始める。
本イベントでは、チョークを使ったフィールドライティング、チャンティングでの参加。



■TETTA(三十三間堂プロジェクト)
仏像をモチーフに、タブローや写真、パフォーマンス等、様々なメディアや多岐に渡る手法を通じて妖艶かつポップでヴィヴィッドな世界観を展開。



■Co.山田うん
ダンサー・振付家の山田うんプロデュースによるダンスカンパニー。
2002年設立以降、国内外で15作品を国内22都市、海外12カ国20都市で次々と発表して
注目を集めている。
主な海外招致フェスティバルにTANT IM AUGUST(ベルリン)、チャンムダンスフェスティバル(ソウル)、アジア・ヨーロッパダンスフォーラム(シンガポール) IN TRANSIT 05(ベルリン)、インドネシアダンスフェスティバル06 、EU文化指定都市パトラス EU-JAPAN FEST2006(ギリシャ)、EU文化指定都市シビウ EU-JAPAN FEST2007(ルーマニア)他。


■GIGS:
COMBOPIANO(渡邊琢磨×千住宗臣)with special guest 須藤俊明(元melt banana)
渡邊琢磨×中原昌也 a.k.a. HAIR STYLISTICS with special guest 山本達久
DJ GINGA/みなとまち/KIMATA JUN/オオルタイチ/after the green room/ドラびでお
赤い疑惑/Matt Lyne/AFRICAEMO/TARZIO/Eccy/Traks Boys/Shleeps (from Bonobos)
■ART: 
杉本圭助/co.山田うん/飯田将茂/小中大地/TETTA
XX FREAKS TOKYO/Ai-Hz/吉川晃司/Shishi Yamazaki
■BAR:
ZEN PUSSY


2010/10/23 (Sat) @ 新木場木材倉庫跡地
OPEN : 17:00 CLOSE : 07:00 
CHARGE : Reserved 2,500yen/Door 3,000yen

info: http://www.twitter.com/ramptokyo

チケット予約へのリンク
https://ssl.form-mailer.jp/fms/4976b674119591





2009.10.04 Sunday  p u r o j y e k u t a -


中国には、ひげ剃り付きの携帯電話があるらしい。

そんな需要あんのかい!

とつっこみたくなるが、こっちはちょっと欲しい。

プロジェクター付きのデジタルカメラ。ついに。ニコンより。

↓そいでもって、ちょっとかわいらしく、ワクワクするプロモーション。

プロジェクター付きのデジカメを体につけてダンス。



携帯にプロジェクターついたら、データを転送しておいて、どこでもプレゼン。


旅行の写真で、プチ上映会しながら盛り上がる飲み会。


そんなのも、あと少しなのかな。




/ 1 / 5 / >>

■■■■■■■■■■Profile

■■■■■■■■■■■■Link  

H O N S O

雨の日には自転車に乗って、晴れの日には雨傘をさして

柏LIFE vol3

lab

豆っ

mhotyっぽさ

ひょんなことからのおもいつき

社会の犬

kazufumi

eroticsエロティックスえろてぃっくす

路傍の電柱

エリノメカニズム

大学4年生日記

アイらしい日々

SAIKORO

■■■■■■■■■Category

■■■■■■■■■Archives

admin

ブログセンター