S A I K O   彩考〜  様々な物事を再考し、彩考できればなと。
ブログパーツUL5

<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2011.08.26 Friday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2009.03.15 Sunday  s y a k a i s y u g i

ベトナム北部最大の都市、というか首都のハノイに上陸。

改めてベトナムは縦断旅行に向いている国だと思う。南部と中部と北部で違う性格の街が見られるから。
っていうか単純に細長い国の形が、いろんな都市を一筆書きでモーラ出来るから。


ハノイはとにかく湿気が多い。雨がち。どんより。もんもん。
試しにバイクタクシーのおっちゃんに「ハノイは毎日雨だ」というと、否定されなかった。
たまたま雨が続いているだけなんじゃという疑問を晴らしたかったのに、どうやら本当に雨が多いらしい。







ハノイを避ける旅行者は多い。どうやらちょっと遠いというのと、あんまりおもしろくないらしい。
正直、ラオスに行くかハノイまで北上するかすごく迷った。

でも社会主義国家の中心地の生活風景はすごく興味があったし、何より東南アジアの巨大都市の活気を肌で感じてみたかった。



来てみると以外と商業都市というか、観光都市というか、多くの外国人と地元の人で賑わう都市だった。ホーチミンとの違いを言うなら断然カフェが多くて外資系の店もちょっと多く出店してる気がした。

街は薄いピンクとか黄色の西洋風建物が多い。排気ガスのスモッグか、霧がかかって、独特の雰囲気を醸し出してる。











今後もハノイは観光都市としても栄えていきそうだと思った。そうなると物価ももっと高くなるだろう。
実際ここ数年でとにかく以上にホテルの値段上がったそうだ。
あとベトナムではとにかく健康的な食事が出来る。野菜は多いし油は少ないし。
日本のカップ麺でも東南アジアの食べ物が、健康を売りにして作られてることを考えると、
今後のベトナム食ブームの過熱次第では多くの外国人が押し寄せる場所になるかもしれない。

そうすると街中の衛生面の改善が起こるかもしれない。いや、起きよう(笑)
ベトナムの特にハノイでは、ゴミは路上い捨てるというのが一般的になっている。
びっくりしたのは、家庭ゴミを、夕方になると路上に出しに来てるってこと!
ただ、これもちょっと微妙な話で、夜になるとそのゴミを回収する人達がいて、
有る意味でこのゴミはお金を発生させていることになるわけです。



とはいえ、かなりの異臭もあったりする。わけだし。。
複雑なとこ。




余談で、
ハノイ名物の水上人形劇を見てきた。





ベトナムのお土産品に、鮮やかな色のお椀がたくさんある。
ご飯を入れたらまずそうなお椀。
この色がどこから来るのか疑問に思ってたけど、この劇を見てわかった。
ベトナムの宮廷衣装に、この鮮やかな色が使われていて、そこから来てるのだ。
って、勝手に納得。 

だって、ほんと気持ち悪い色の食器が、ベトナムのどの都市にもあんだもん。
そら気になるさ。




2009.03.13 Friday  b e t o k o n

ベトナム戦争が終わったのは1975年。
たった34年前のことだ。
このときベトナムは300万、アメリカも6万の犠牲者が出たと言われている。


ベトナムの中部、北緯17度線一帯は、軍事境界線が引かれた非武装地帯。
でも現実には最も激しい戦地となった1つ。

この非武装地帯と、ドンハという激戦地の場所に行ってきた。



早朝6時にフエを出て、田舎の方へ。








田舎の方の家はこんな感じで、高床式の家が多かった。
意外と電線が行きとどいてる。





アメリカ群のヘリや戦車も残ってた。




防空壕的な??












演出かっていうぐらい、「バン!バン!  ボム!ボム!」と言っていた。
直訳すると「禁止禁止! 爆弾!爆弾!」。
調子にのって行こうとするジェスチャーを見せた外人が本気で怒られてた。




450m先に空港が。。 リアルな。





次に移動して、ベトナム軍が潜んでた地下トンネルへ。
ここで6年も過ごしていたらしい。
中には風呂とかもあるけど、どう考えてもきつい。




トンネルを抜けると海!的なベタな演出ってみんな好きなんでしょか?
ここも左は海!





そして寝台バス(バスの中にベットが)でハノイへ。
これ、ベトナムでかなりいい感じで勧められるけど、運転は超荒い上に、一晩中クラクション鳴らしながら走ってるから、寝つきの悪い人は無理。でも安い!

ベトナム人の学生と川の字になって(しかもべったりくっつくぐらいの狭さ)行く。
すごく感じのいい学生だったのに、俺の水とパンが、朝にはなくなってた(笑)




2009.03.11 Wednesday  k o t o

ホーチミンで携帯が無くなったショックからようやく立ち直ってきた。

ああ、俺のプライスレスなメモリーが。



どの店にも並ぶ2大トッピング!



 






というわけで、バスで、ベトナム中部の都市で、1945年まで続いたベトナム最後の王朝の古都、フエに行く。

ホーチミンが大阪で、ハノイが東京なら、フエは京都と言ったとこ。かな?(まだハノイには行ってないけど)

ユネスコの世界遺産にも登録されている王宮は、1802年から143年間続いたグエン朝の王宮。

戦争による損壊部分の修復工事があちこちで行われていた。



中国風の建物群






戦争による被害もあちこちで見られる。



能の舞台のような構成







フエは、観光によって潤っているのか、生活平均水準が高い感じがした。市内中心部には外国人観光客用の高級ホテルも立ち並んでる。郊外にもゲストハウスが立ち並んでいて、ここにはどうやらベトナム人の観光客が泊まっているみたい。そしてよく見ると郊外は大きな戸建も多い。しかもほとんどの家で犬を飼っていて、高級そうな犬もちらほら。。




 

川の上の船上の住居。









そして宿はと言うと、、
8ドルのシングルの部屋に泊まったら、風呂付のダブルでネット使い放題テレビ見放題とかなりグッドプライス!



かなり居心地のいい場所です。






この生肉にやられたのか、下痢が止まらない


→さらに、今夜から腹痛でビールが飲めなくなる。


薬よ、明日までに効いてくれ!



 




<< / 2 / 6 / >>

■■■■■■■■■■Profile

■■■■■■■■■■■■Link  

H O N S O

雨の日には自転車に乗って、晴れの日には雨傘をさして

柏LIFE vol3

lab

豆っ

mhotyっぽさ

ひょんなことからのおもいつき

社会の犬

kazufumi

eroticsエロティックスえろてぃっくす

路傍の電柱

エリノメカニズム

大学4年生日記

アイらしい日々

SAIKORO

■■■■■■■■■Category

■■■■■■■■■Archives

admin

ブログセンター