S A I K O   彩考〜  様々な物事を再考し、彩考できればなと。
ブログパーツUL5

<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


2011.08.26 Friday  スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- . -



2011.08.15 Monday  a i r

やったー

と、開口一番、叫ばさせてもらったけど、

新しく、MacBookAIR、買いました。


薄いのに、使いやすい、早い。

素敵すぎる。


最近は、一級建築士の試験が忙しかったりで、

全く自分のことが出来ずにいたけど、

頑張ってた分、ご褒美。ということで。


とりあえず、製図試験に向けて、

ぼちぼち準備始めてます。



それにしても、iPadいらないなー。これさえあれば。

ほんと。




2011.08.15 Monday  a i r

やったー

と、開口一番、叫ばさせてもらったけど、

新しく、MacBookAIR、買いました。


薄いのに、使いやすい、早い。

素敵すぎる。


最近は、一級建築士の試験が忙しかったりで、

全く自分のことが出来ずにいたけど、

頑張ってた分、ご褒美。ということで。


とりあえず、製図試験に向けて、

ぼちぼち準備始めてます。



それにしても、iPadいらないなー。これさえあれば。

ほんと。




2011.05.05 Thursday  t a i m u m a s i - n


 2008年10月31日出版の

アーキテクチュアの生態系
(情報環境はいかに設計されてきたか)

という本を読んだ。


特にこうした情報環境とかに関する本を

読む時には

いつ書かれた本なのかを知った上で

読むことがすごく重要だ。


今回この本を読んだ理由の一つに

最近のこの激動的な変化の前に

どのような未来を描いていたのかを見たかった。


といってもわずか2年半前。

たった2年半だよ?

著者もすごい有識人なわけだし。

それぐらい、今のこの変化は予想が難しかったということだ。


そう、そこに書かれていたのは全く違う未来像だった。

予想外。想定外。予想以上。想定以上。


フェースブックで言うならば

理由は非常に簡単で

既に先行者であるミクシーが普及している日本では

流行る可能性は低いと。


ツイッターに関しても

日本におけるこれ以上の普及(2008年10月時点)

はないと考えられていた。

またツイッターは、ステイタス共有ツールを

脱していなかった。


とまあ、こうした部分は、

この本の本筋でもなんでもないのだけれど、

あたらしいプラットフォームの誕生や、

それの新しい使い方が見いだされながら、

突然変異絶滅生き残りが繰り返され、

まさしく情報環境の”進化”が起こって行く。


一度時間の流れからも

一歩ひいた視点で眺めることはおもしろい。

激動を俯瞰することで見えてくることがある。


”無意識”でいるほど、

ただ激流に流されるだけになってしまう。


意識的に、

そして、文脈を、時脈を汲み取る。


これを少しやってみよう。




<< / 2 / 18 / >>

■■■■■■■■■■Profile

■■■■■■■■■■■■Link  

H O N S O

雨の日には自転車に乗って、晴れの日には雨傘をさして

柏LIFE vol3

lab

豆っ

mhotyっぽさ

ひょんなことからのおもいつき

社会の犬

kazufumi

eroticsエロティックスえろてぃっくす

路傍の電柱

エリノメカニズム

大学4年生日記

アイらしい日々

SAIKORO

■■■■■■■■■Category

■■■■■■■■■Archives

admin

ブログセンター